雨の日ディズニーランドの楽しみ方|雨対策とアトラクションの待ち時間

スポンサーリンク

2回目のディズニーランドへ

今年2回目のディズニーランドへ行ってきました。

今回は、ホテル宿泊の次の日にランドへ行くこととなりました。

今回宿泊したホテルは、次の日チェックアウト後は駐車料金が発生してしまうホテルで、会員ステータスに関係なく有料となってしまいます。

パークで1日過ごす場合は、パークの駐車場に移動した方が安くなることがわかり、ホテルの駐車場からパークの駐車場へ移動しました。

大人中人小人
9,400円7,800円5,600円
1デーパスポート料金(土曜)

日によって価格が変動する現在のディズニー。

行った日は混雑日の土曜で、最高値の入園料の日でした。

Deller
Deller

その日しか行けないという人もいるので、仕方ないとは思います。

さらに、10月からは値上がりして大人10,900円になるそうです。

雨の予報が出ていたせいか、9時に到着で手荷物検査待ち時間は5分、すぐに入園できました。

スポンサーリンク

雨対策

さて、残念ながら雨予報のこの日。

事前に色々雨対策について調べましたが、皆さん対策も様々で、初めての雨の日は迷う人も多いかと思います。

なので、自分なりの雨対策をまとめておきます。

傘について

とりあえず長傘は1人1本持って行くことにしました。

雨の日に長傘はなくてはならない必需品でしたので、これは正解でした。

リュックなどがある人は、大きめの折り畳み傘(長傘くらいの大きさ)でも良いと思います。

Deller
Deller

個人的に小さめの折り畳み傘は濡れるので、普段から使いません。

カッパについて

雨も強くなり、傘だけでは厳しくなったので、ディズニーのレインポンチョ(1,500円)を途中で購入しました。

カッパは室内アトラクションでは「脱いでください。」とアナウンスがあります。

一時的に入れるビニル袋があるといいかもしれませんが、自分の場合は、水を切り子供の分も手に持ってそのまま乗りました

ディズニーのレインポンチョですが、被るだけで脱着可能なので、意外と便利です。

靴について

靴は動きやすさを考慮して運動靴でしたので、びしょびしょです。

どうせ濡れるなら、クロックスなどのサンダルが良かったかなと思いました。

運動靴の人が多かったですが、サンダルの人もちらほら見かけました。

靴擦れ等の問題が気にならなければ、クロックスがおすすめです。

子供は長靴も良いかと思いますが、長時間歩くには向いていないかもしれません。

夏以外ですと、長靴替えの靴下というスタイルになるかもしれません。

その他(タオル・ビニル袋など)

あとは、濡れたものを拭くタオルと濡れたものを入れるビニル袋があるといいかなと思います。

まとめ

次に雨の日(夏)に行く際には、次のような準備をしていこうと思います。

  • 長傘(大きめの折り畳み傘)
  • ポンチョ(カッパ)
  • クロックス(長靴)
  • ビニル袋
  • タオル

リュックがある人はリュックに入れたほうが楽です。

自分は手ぶら派なので、短パンのポケットと手に持てるだけの最小限の装備で行きます。

スポンサーリンク

①スプラッシュ・マウンテン|個人的おすすめ度:★★★★★

入園直後に真っ先に向かったのは、スプラッシュマウンテン

待ち時間40とのことで、まだ空いているほうなので、乗りに行きました。

ところが並んでいる途中で、下の子が「落ちて濡れるやつは嫌だから乗らない。」となりまして、自分と下の子は離脱、妻と上の子で乗ることになりました。

未体験なので滝に落ちる部分がどうかは不明ですが、楽しかったようです。

世界で日本だけになってしまったスプラッシュ・マウンテン

Deller
Deller

今のうちに乗っておいたほうがよいかもしれません。

その後、雨の日だったからか待ち時間20分という時もあったので、やはり雨の日は乗り物にすぐに乗れていいですね!

どうせ濡れるので、ポンチョを着てそのまま乗ればOK。

スポンサーリンク

②ホーンテッドマンション|個人的おすすめ度:★★★★☆

スプラッシュから離脱した自分と下の子は、さっき通りかかった時には「5分待ちで〜す。」とアナウンスしていたホーンテッドマンションに向かいました。

すると、雨宿りの人が増えたせいか、15分待ちになっていました。

個人的にはカリブの海賊と並んで、待ち時間が少ないことがよくある上、なかなか面白いのでおすすめ。

Deller
Deller

1日1回は乗りたいアトラクションです。

スポンサーリンク

③イッツ・ア・スモールワールド|個人的おすすめ度:★★★☆☆

ホーンテッドマンションを楽しんだ後、「スプラッシュの乗り場にようやくついた。」との連絡があったので、近くのイッツ・ア・スモールワールドへ。

さらに雨足が強くなってきました。

待ち時間は15分

屋根のあるところまではすぐに到着し、屋内は待ちの列になっていました。

雨宿りがてら乗りましたが、晴れていたら違う乗り物に乗っていたかもしれません。

Deller
Deller

待ち時間が少なくすぐ乗れる時はおすすめ。

スポンサーリンク

④プーさんのハニーハント|個人的おすすめ度:★★★★☆

まだ乗ったことがなくて、乗ってみたかったプーさんのハニーハントにやってきました。

待ち時間は雨なのに割と人気で、30分でした。

想像以上にクルクル回ったり、ポヨンポヨン跳ねたりと面白かったです。

Deller
Deller

いつも混んでいるので、プーさんのファンがたくさんいそうですね。

スポンサーリンク

スキッパーズ・ギャレー|個人的おすすめ度:★★★★☆

子供が「お腹が空いた。」とのことで、テリヤキチキンレッグを買いにスキッパーズ・ギャレーへやってきました。

待ち時間は0〜10分と誰も並んでいませんでした。

Deller
Deller

600円×4本を購入しました。

スポンサーリンク

⑤ビッグサンダー・マウンテン|個人的おすすめ度:★★★★★

雨も相変わらず強く、アプリで待ち時間を見るとビッグサンダー・マウンテンが10分となっていたので、向かいました。

あっという間に乗り場に到着。

ビッグサンダー・マウンテンは大きな急降下もなく、程よく上下して楽しいです。

景色も見られて、人気のアトラクションなのが分かります。

Deller
Deller

すぐに乗れるので、連続で何度も乗るのもアリでした。

スポンサーリンク

⑥蒸気船マークトウェイン号|個人的おすすめ度:★★★☆☆

ビッグサンダー・マウンテンからすぐ近くの蒸気船マークトウェイン号。

待ち時間5分とのことで、乗ってみることにしました。

雨の日でも、1・2階は屋根があるので、濡れずに乗ることができます。

アメリカ河を15分かけて回ります。

それにしてもすごい雨です。

Deller
Deller

そんな雨の中でも、ディズニーはすごい人の数ですね〜。

スポンサーリンク

⑦ウエスタンリバー鉄道|個人的おすすめ度:★★★☆☆

こちらも待ち時間10分とのアナウンスでしたが、実際は5分でした。

Deller
Deller

すぐに乗れて、ポンチョを着たままでもOKでした。

スポンサーリンク

⑧カリブの海賊|個人的おすすめ度:★★★★☆

一時休止になっていたカリブの海賊が再開したので、やって来ました。

待ち時間5分とすぐに乗れました。

カリブの海賊は待ち時間少ない時が多いので、そのタイミングで乗るのがおすすめです。

Deller
Deller

内容も面白いので、ホーンテッドマンションと同じく1日1回は乗ります。

スポンサーリンク

ポッピングポッド|個人的おすすめ度:★★★★☆

小休憩でポッピングポッドでポップコーンを買って来ました。

Deller
Deller

味はソルト味で、400円です。

スポンサーリンク

⑨スペース・マウンテン|個人的おすすめ度:★★★★☆

公演中止になっていたスペース・マウンテンが再開されたとのことで、乗ってみました。

待ち時間は30分でした。

宇宙空間のジェットコースターですが、なんだか速度がビッグサンダー・マウンテンよりも速いような気がしました。

そして星以外何も見えません。

Deller
Deller

景色が見える分、ビッグサンダー・マウンテンのほうが楽しいかなと思いました。

スポンサーリンク

⑩ビーバーブラザーズのカヌー探検|個人的おすすめ度:★★★☆☆

ここで、自分は体調不良により離脱しましたが、妻と子供たちはカヌーを漕いだそうです。

待ち時間は5分でした。

Deller
Deller

意外と楽しかったようです。

スポンサーリンク

まとめ

雨の日というと、残念な気がしますが、夏の場合は炎天下の晴れで長時間並ぶ雨で足元が悪くても乗り物に乗り放題かどちらがいいかというと、雨の方がおすすめかもしれません。

まず暑くはないですし、クロックスなどで足元は濡れても大丈夫なようにすれば、たくさん乗り物に乗れた方が楽しいです。

結論:雨の日>炎天下

今回は10のアトラクションを楽しめました。

体調不良がなければもっと乗れたのですが、次回改めて挑戦です。

他の遊園地だと、乗り物1回2,000円などがありますが、その場合5つ乗れば10,000円もかかってしまいます。

その点、ディズニーは入園料にアトラクション料金が入っていますので、乗れば乗るほどお得になります。

Deller
Deller

いくつ乗れるかの挑戦はやめられません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました