ヒルトン成田はリーズナブルで飛行機好きには最高のホテルです

スポンサーリンク

ヒルトン成田の特徴

客室数は548室。

成田空港のすぐ近くで、空港側の部屋からはメインとなるA滑走路が望めます。

成田空港からは、無料のシャトルバスで約15分。

価格もヒルトンホテルの中では比較的リーズナブルです。

スポンサーリンク

アクセス

成田空港の第1ターミナルの展望デッキが飛行機ウォッチングにおすすめです。

このように間近で飛行機が見られます。

空港利用(前泊・後泊)や飛行機好きな人にもおすすめです。

スポンサーリンク

ヒルトンをお得に利用するためにHPCJに入会しています

HILTON PREMIUM CLUB - ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン
日本と韓国の対象ホテルでの宿泊25%割引とレストラン最大20%割引など4つの特典を提供するヒルトン・プレミアムクラブ・ジ...

ヒルトン・プレミアム・クラブ・ジャパン(HPCJ)会員になって予約すると大変お得です。

ヒルトンアメックスなどを発行すると、無料で入会できるキャンペーンを行っている場合があります。

さらに更新費用は11,000円のキャンペーンを毎年行っており、更新で5,000円割引券が2枚もらえるので、実質無料です。

このHPCJ経由で予約すると、ヒルトンホテルが通常よりもお得に予約することができます!

スポンサーリンク

ヒルトンオナーズのゴールド・ダイヤモンド会員は朝食大人2名無料です

ヒルトン成田の朝食は、大変美味しいです。

ライブキッチンで作ってくれるオムレツは、私の中ではNo.1。

具材と焼き方が上手で、必ず頂きます。

おすすめは「オムレツ全部入り」です。

1万円程度で家族4人(添い寝2名)泊まれて朝食無料とは、かなりお得です。

この上海焼きそばもとても美味しくて、あると絶対に頂きます。

スポンサーリンク

気になるお部屋のアップグレードは?

ゴールド会員だと、一番安いヒルトンルームからデラックスルームへアップグレードしていただくことが多かったです。

ダイヤモンドの場合、デラックスプラスルームへアップグレードしていただけることが多かったです。

この2つの違いは、高層階かどうか。

より高層階に位置するのがデラックスプラスルーム。

一番下のヒルトンルームよりも広々です。

その他のダイヤモンド特典として、お菓子のウェルカムギフトがあります。

さらに、ヒルトン成田にラウンジはありませんので、フロントでドリンクチケットが添い寝の子供分も含め貰えます。

ゴールドでもチケットは貰えますが、ダイヤモンドとの違いは、おつまみナッツかレストラン利用だとアペタイザーがもらえるかの違いです。

スポンサーリンク

ラウンジ代わりドリンクチケットはレストラン内での利用がおすすめ

レストラン内でドリンクチケットを使うと、ダイヤモンド会員はアペタイザーが貰えます。

2024年現在は、スパイシーナッツと紅茶ゼリーに変わっています。

レストラン内ですと、ソフトドリンクはドリンクバーとなり、何杯でも飲めるのでとてもお得です。

あと、コーヒーが美味しいです。

美味しいので、調べたところ、コーヒー豆は三本珈琲のヒルトン成田特別ブレンドとのこと。

アラカルトメニューも充実していますが、ホテル価格です。

この時は、ディナー限定ワッフルを頼んでみました。

税込1,200円ですが、期間限定ダイヤモンド割引で-25%となり、900円です。

他のアラカルトメニューはボリュームもあって美味しくておすすめです。

こちらは「牛丼御膳」2,900円。この時も、ダイヤモンド会員割引-25%で2,175円で頂くことができました。

牛丼もチェーン店の大盛りか特盛くらいあって、ボリューム満点。

味も大変おいしかったです。

別のテーブルに運ばれて行った「油淋鶏」がとても美味しそうだったので、いつか食べたいです。

スポンサーリンク

部屋からの空港側の眺め

空港側の部屋にしていただけると、成田空港を離発着する飛行機が見られます。

夜になると明かりが灯って綺麗です。

飛行機好きには最高のホテルです。

スポンサーリンク

ヒルトンオナーズのダイヤモンド修行

通常ダイヤモンドを維持するには、その年の1月〜12月の間に、30滞在60泊120,000ポイントを得ることで維持できます。

関東で一番安いヒルトン成田なら1泊1万円程度で宿泊できました。

30滞在を目指すと、約30万円ほどでダイヤモンド会員になれます。

我が家はヒルトンホテルも好きなので、日々の疲れを癒しに来ながら年間30滞在ホテル修行を行っています。

近年の価格上昇により、この値段で泊まれることが困難になってきました。

可能な限り、ヒルトン成田には通いたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました